運転資金がショートしそうな際、通常であれば銀行融資で運転資金を調達し、資金繰りが円滑に回るようにしていきます。

そして、キャッシュフローで借入金の返済をしていく事になるのですが、90%以上の企業はこれができません。したがって、現金預金がどんどん減ってゆく事になるのです。

減った分は再度、資金調達をしてカバーする事になります。(このような資金使途での融資を「ハネ資金」と言います)。
この「ハネ資金」を融資してもらえる間は問題ありませんが、一度業績が悪化してしまうと、銀行の融資審査が通らず、資金調達ができなくなってしまうのです。
このような状況に追いやられると、たいていの場合、いろんな金融機関に融資の申し込みをする事になるのですが、たいていの場合、どこからも融資を受ける事ができず、現金預金は減ってゆくばかり。

支払い日が近づくにつれ、精神的にも追い込まれ、コンサルタントのところに駆け込む事になります。そこで私も含めたコンサルタントが提案するのが「リスケジュール」という方法です。

 

リスケジュールのメリット

  • 今すぐ簡単に資金繰りが楽になります(担当者に連絡するだけです「後日、きちんと訪問する必要があります」)。
  • 利益を増加する事でキャッシュフローを改善するのには時間が掛かります。しかし、リスケジュールであればすぐに資金繰りが楽になります。

 

リスケジュールのデメリット

  • リスケジュール中は銀行から融資を受ける事はできません(絶対できないと言う事ではありませんが、期待しない方が良いでしょう。)

そもそも、銀行から融資を受けられないからこそ、リスケジュールする訳ですから、「リスケジュール期間中に融資を受けられない」と心配しても、あまり意味がありません。

 

 

リスケジュールのまとめ

リスケジュールの成功は「ゴール」ではありません。資金繰り改善の「スタート」を踏み出したに過ぎないのです。
ですから、リスケジュールを応諾してくれたからといって、そこで安心してしまわないように気をつけなければなりません。

資金繰りが厳しい場合、企業は銀行から融資を受けます。しかし、その借入金の返済が困難になってしまった場合の最善策は「リスケジュール」です。高利の金を調達して返すような事をしてはいけません。

資金繰りが厳しくなってきたら、リスケジュールをし、毎月の返済金額を銀行に減額してもらう事が重要となります。キャッシュフローと返済金額のバランスを取る事が資金繰りをうまく回すコツです。

 

Comments are closed.