リスケジュールとは、融資・ローン等の返済において、返済が苦しくなった場合に金融機関・銀行に対して、当初の借入条件の変更を行うことを指します。

資金繰りが厳しく、資金調達の目途が立たなくなってしまった際に、金融機関と交渉し、一時的に返済額の減額、若しくは返済期間の延長をしてもらう等の返済計画の変更を申し出る事を言います。


リスケジュールを行なうと月々の返済額が減りますから、結果的に、今までの返済額の資金を確保出来る形となり、資金繰りに余裕が生まれます。

とはいえ、いったんリスケジュールを実行してしまうと、金融機関から新たな融資を受ける事はほぼ不可能となります(絶対ではありません)。ですから、借入れに頼る事なく資金繰りを管理していく必要があるのです。

リスケジュールが実行されると資金繰りが楽になり、経営が改善したかのような錯覚を受けてしまいがちです。しかし、これはあくまで返済額の軽減効果によるただのまやかしに過ぎませんから、リスケジュールの実行期間中は事業計画書に基づいた営業やリストラなどを実行し、効果的な経営の立て直しを試み、経営を健全化させていく必要があります。

資金繰りが悪化した時、経営者の方は様々な方法で経営改善策を模索する事になると思います。しかし、倒産の危機を感じているのに、リスケジュールを試みようとしない経営者の方もたくさんいるのです。

それは何故かと言うと、リスケジュールに対しての勘違いからくるものなのです。
リスケジュールを行なうと、当然、新規の資金調達は難しくなります(ほぼ不可能)。

しかし、それはリスケジュール期間中だけであって、今後一切、融機関から融資をしてもらえないという事では無いのです。いまだにこの部分を勘違いされている経営者の方は以外と多いのです。

資金繰りが厳しく、資金ショートしそうになったら、まず、キャッシュフローをよく確認して、リスケジュールするかしないか考えなければなりません。

では実際、リスケジュールを行うにはどうしたらよいのでしょうか。

 

Comments are closed.